健康効果 青汁のこと

コレステロールを下げる飲み物はズバリ青汁です

投稿日:

青汁には様々な健康効果がありますがコレステロールを下げる効果も期待できることはご存知ですか?青汁に含まれる食物繊維などがコレステロールを下げる効果があります。

コレステロール値が高い人は普段の食事に青汁をプラスしてコレステロール値を正常化して健康維持に努めましょう。

ここではコレステロールを下げる効果のある青汁を3つ紹介しています。

 

コレステロールを下げる青汁はこれ!選ぶポイント!

コレステロールを下げる青汁を選ぶポイントは3つです。その3つのポイントを持つ青汁を紹介しますね。

  • キトサン配合の青汁
  • 食物繊維が豊富な青汁を選ぶ
  • パラミロン、DHA、EPAを含むユーグレナの青汁

 

キトサン配合の青汁

キトサンはLDL悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

キトサンとは

カニ、エビのからに含まれている成分を加工して作られた不溶性の食物繊維のことです。食事からは摂取しにくいのでキトサン入りの青汁などの健康食品で摂取することが手軽でいいと思います。

 

コレステロール対策のために、大正製薬が注目したのは<キトサン>の力。通常、血清コレステロールは肝臓で胆汁酸となり小腸へ分泌された後、一部は肝臓に再吸収されますが、<キトサン>はこの再吸収を抑制し、便として排出。コレステロールの消費を促して血清コレステロールを減らすことができるのです。<キトサン>は、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあるため、LDL(悪玉)コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます。

引用:大正製薬ダイレクト

キトサン配合の青汁をはこちらです。

へルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>の口コミ、レビュー記事はこちら

食物繊維が豊富な青汁

食物繊維はLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果があります。

コレステロールを下げる簡単な仕組みは食物繊維が胆汁酸、中性脂肪、コレステロールを吸着して便として体外へ排出することです。胆汁酸は新たに肝臓で作られますがコレステロールが材料として使われますのでコレステロールが下がるといった仕組みになっています。

食物繊維ではこの他に便秘や大腸がんの予防に効果的なので積極的に摂るようにしましょう。

 

食物繊維が多く含まれる青汁はこちら

へルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

へルスマネージ大麦若葉青汁は1包6.8g中、5.1gの食物繊維(難消化性デキストリン)が入っていますがこれは青汁の中でも断トツの食物繊維量です。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の口コミ、レビュー記事はこちら

パラミロンを含むユーグレナの青汁

ユーグレナからしか摂れない食物繊維の一種パラミロンという成分は表面に穴が開いている特徴があり体の中の不要な中性脂肪、コレステロールを吸着して体外へ出す効果があります。

ユーグレナは59種類もの栄養成分が含まれていてその中にはパラミロンのみならず悪玉コレステロールを減らす効果もあるDHA、EPAも含まれています。

パラミロン、DHA、EPAを含む青汁はこちら

ユーグレナ・ファーム緑汁

 

ユーグレナの緑汁の口コミはこちら

 

コレステロールを下げる効果的な青汁の飲み方

 

青汁の1日の摂取量を守る

基本的なことですが何でも食べ過ぎ飲み過ぎは体に良くありません。一回の食事でたくさん栄養を採ることよりもバランスのいい食事を3食摂る方が身体に負担をかけずよい食生活と言えます。青汁にも当てはまり毎日1~3杯の青汁を継続して続けることが健康になる秘訣です。青汁の過剰摂取は様々な健康被害の可能性もありますのでその商品に書かれている「1日に飲む適量」を守って飲むようにしましょう。

 

美味しく青汁を飲む

牛乳、豆乳

定番の飲み方ですがカルシウムなどの栄養が豊富ですのでオススメです。味もまろやかになり飲みやすく毎日飽きが来ません。

ヨーグルト

粉末の青汁をふりかけるのもいいですね。ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますから整腸作用や便秘に効果があったりとコレステロール以外にも健康効果が期待できます。

野菜ジュース

不足がちな野菜をダブルで摂取できます。ここで注意が必要なのは砂糖が多く入った野菜ジュースが結構ありますので糖質の摂り過ぎにならないようにしたいところです。

 

水、白湯

青汁の味を楽しめる飲み方です。最近の青汁は苦くてまずいなんてイメージはありません。飲みやすい大麦若葉や桑の葉などが原材料として使われることが多いですからね。個人的には好きな飲み方ですね。

 

飲むタイミング

青汁は野菜の飲み物なのでいつ飲んでもOKです。

しかし食前に飲む方が効果的だと言えます。

食物繊維は腸内で膨張し満腹感が得られ食べ過ぎを防止するとともにコレステロールや脂質などを吸収するように準備するため青汁を食前に飲んだ方が効果的なのです。

 

まとめ

普段の食生活や食べ方、飲み方に気を付けてそれに青汁を+する生活でコレステロールを上手にコントロールしていきましょう。

当サイト人気青汁ランキング

1位 ヘルスマネージ

バナー原稿imp

食物繊維が多いのが特徴のヘルスマネージ<難消化性デキストリン>

トクホの青汁で糖の吸収を緩やかにします。

初回は980円で購入できるのでお試しいたい方はぜひ!

2位 ふるさと青汁

幻の栄養成分「LPS」を摂取できる明日葉の根っこまで使った青汁です!

その他カルコンなどの健康成分が摂取できますので健康維持にオススメの青汁です。

3位 ユーグレナ

ユーグレナにしか含まれない健康成分パラミロンを摂取できるのが特徴です。

さらに健康維持に必要な栄養素が59種類も含まれていてバランスよく栄養摂取できます。

1週間のお試しセットが500円で購入できます。

-健康効果, 青汁のこと

Copyright© 青汁の説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.