健康効果 青汁のこと

糖尿病の予防に効果がある青汁の選び方!オススメ3選

投稿日:

糖尿病の予防や改善の効果が青汁にはあるってご存知でしたか?

野菜に含まれる食物繊維やある栄養成分が糖尿病の予防に期待ができるんです。

普段の食生活で食べ過ぎや野菜不足はありませんか?

ここでは糖尿病の予防や改善を目的で青汁を選ぶ人にオススメの青汁を3つ紹介します。

青汁の種類が多すぎて選び方がわからない人は記事を読んでみてください。

 

結論からいいますと糖尿病の予防(血糖値を下げる)にオススメの青汁は桑の葉の青汁です。また食物繊維を多く含む大麦若葉青汁<難消化性デキルトリン>も効果的です。

糖尿病とは

糖尿病を簡単に説明すると「血糖値が高くなる病気」と言う事になります。

血糖値を下げるインスリンというホルモンが何らかの理由で体の中で減っていき、血液中の血糖値を下げれない状態になることです。主な原因は食べ過ぎ、栄養のアンバランス(野菜不足)、運動不足、ストレスなどです。

 

糖尿病というとちょっと糖質を多く摂り過ぎて血糖値が高くなるだけでしょ?なんて考えていると大変なことになります。糖尿病のもっとも恐ろしいのは合併症です!糖尿病の初期は痛くもかゆくもなく血糖値が少し高いくらいならそのままにしている人が多いです。しかし糖尿病が進行すると様々な合併症が出てきます。

具体的な合併症は次の通り。

  • 脳梗塞
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 腎不全
  • 水虫
  • 感染症
  • 網膜症
  • 白内障
  • 緑内障

命の危険があったり、透析になったり、目が見えなくなったりと大変重い病気になったりします。

 

糖尿病になる原因

日頃から生活習慣や食生活を気にしていますか?

  • 食べ過ぎ
  • 野菜不足
  • 運動不足
  • ストレスがある

こんな方は糖尿病に注意です。

糖尿病の種類や原因は様々ですがその多くが生活習慣の乱れによるもので「生活習慣病」と言われます。

食べ過ぎ

糖尿病の一番の原因ではないかと言われています。糖尿病は血糖値の上昇から始まる病気です。食事をすると血糖値は上昇し始めますが必要以上食べると血糖値がどんどん上がりインスリンの分泌量が弱まり血糖値は正常値に戻りにくくなります。

食事はバランス良く摂ること、特に野菜や海草類、キノコ類を多く摂るようにしましょう。

 

野菜不足

野菜などに含まれる食物繊維は血糖値を下げたりする効果がありますが、野菜不足の人は血糖値が上がりやすくなると言う事になります。

運動不足

運動不足は糖尿病に限らずすべての病気の原因になりますよね。肥満の原因になり代謝能力も低下してエネルギー消費も落ち体内に糖が残ったままになるという悪循環になります。

ストレス

運動同様ストレスもあらゆる病気の原因になります。身体がストレスを感じるとインスリンの分泌が低下すると言われています。またストレスは食べ過ぎの原因にもなるためこれもまた悪循環です。

 

糖尿病予防に青汁をオススメする理由

青汁には血糖値の上昇を抑える食物繊維やDNJと言われる成分を含んでいるので糖尿病予防にオススメなんです。

  • 食物繊維が豊富(血糖値の上昇を抑える
  • 栄養素がバランスよく摂取できる(野菜不足の解消)
  • 桑の葉の成分DNJが血糖値の上昇を抑える

食物繊維が豊富

食物繊維には糖の吸収をゆるやかにする作用があり、血糖値の上昇を抑えます。食物繊維を多くとることは糖尿病の予防には効果的です。食物繊維の種類は不溶性と水溶性に分けれますが、水溶性食物繊維が血糖値の上昇を抑えることが知られています。

青汁ではトウモロコシの成分から「難消化性デキストリン」という水溶性の食物繊維を作り出し、青汁に配合する商品が多いです。

 

しかし厚生労働省によると日本人は1日あたりの食物繊維の摂取量が基準値に達していません。

食物繊維の食事摂取基準 18~20g
実際の摂取量平均 12~13g

参照:厚生労働省平成27年国民健康・栄養調査報告日本人の食事摂取基準(2015年版)概要

 

普段の食事は食物繊維の多い食品を摂り、青汁をプラスして食物繊維(水溶性食物繊維)を補うといいでしょう。

栄養バランスがいい

青汁には様々な栄養素が入っています。栄養豊富な大麦若葉や明日葉、くわの葉などの野菜を使用するからなんですね。ビタミン、ミネラル、食物繊維と普段から不足がちな栄養素をバランスよく摂れるすぐれた飲み物です。バランスのとれた食事は糖尿病のみならずすべての病気の予防になります。

DNJが血糖値を抑える

桑の葉に含まれるDNJ(デオキシノジリマイシン)は糖尿病の予防や改善に効果があります。

DNJ(デオキシノジリマイシン)はブドウ糖の吸収を緩やかにし血糖値の上昇を抑えます。

 

桑葉の食後過血糖抑制効果

健康な被験者5名(男性3名:平均年齢38歳、女性2名:平均年齢26歳)を対象に、DNJを含む桑葉粉末の食後血糖値抑制効果を確認しました。被験者にショ糖50gを飲用させ、試験区では桑葉粉末を0.8gまたは1.6gを同時摂取し、食後2時間までの血糖値を測定した結果、桑葉粉末の摂取によって血糖値の上昇が有意に抑制されました。その抑制率は、曲線下面積(AUC)として、桑葉粉末0.8g摂取で23%、1.6g摂取で42%でした。

引用:トヨタマ健康食品株式会社

 

このDNJ(デオキシノジリマイシン)は桑の葉以外でも含むものはありますが豊富に含んだものは桑の葉だけです。青汁に桑の葉を使用する最大の特徴はこのDNJの血糖値抑制の効果があるところです。

 

桑の葉に関してはこちらの記事で詳しく書いています。

 

糖尿病予防にオススメの青汁

糖尿病予防(血糖値の上昇を抑える)に効果がある青汁を選ぶポイントは

食物繊維を多く含む青汁

もしくは

DNJが含まれる桑の葉の青汁

を選ぶことです。

当サイトのオススメ青汁はこちらです。

 

「ふるさと

 

主な原材料  明日葉、大麦若葉、桑の葉
価格 1杯あたり114円(定期便)

食物繊維が多く含まれる大麦若葉、明日葉が原材料として使用され、さらにDNJの効果が期待される桑の葉も材料として入っているので糖尿病予防としてバランスがとれた青汁となっています。また明日葉に含まれるカルコンにはガン予防効果があったりもしますので糖尿病予防プラス、ガン予防目的でも飲める青汁ですので健康志向人向きの青汁です。

今なら2週間分(14包)の無料サンプルが付いていてお得で、全額返金保証が付いているので安心です。

 

ふるさと青汁の健康効果についてはこちら

↓↓↓

 

公式サイトはこちら

 

 

「くわの葉青汁」

 

主な原材料  桑の葉
価格 1杯あたり90円(10%割引プラン)

熊本県産の無農薬の桑の葉青汁でもちろん無添加です。DNJが糖尿病の予防や改善に期待できます。桑の葉の青汁は癖が無くたいへん飲みやすい青汁です。

 

くわの葉青汁の口コミやレビュー記事はこちら

↓↓↓

 

公式サイトはこちら

↓↓↓

 

 

「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」

 

主な原材料 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物
価格 1杯あたり123円(定期便)

難消化性デキストリン配合で血糖値の上昇をを緩やかにする効果があるトクホの青汁です。1包あたりの水溶性食物繊維量は5.1gで青汁の中ではダントツ!

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の口コミや味が知りたい方はこちら

↓↓↓

1000円で購入できる公式サイトはこちら

↓↓↓

 

 

当サイト人気青汁ランキング

1位 ヘルスマネージ

バナー原稿imp

食物繊維が多いのが特徴のヘルスマネージ<難消化性デキストリン>

トクホの青汁で糖の吸収を緩やかにします。

初回は980円で購入できるのでお試しいたい方はぜひ!

2位 ふるさと青汁

幻の栄養成分「LPS」を摂取できる明日葉の根っこまで使った青汁です!

その他カルコンなどの健康成分が摂取できますので健康維持にオススメの青汁です。

3位 ユーグレナ

ユーグレナにしか含まれない健康成分パラミロンを摂取できるのが特徴です。

さらに健康維持に必要な栄養素が59種類も含まれていてバランスよく栄養摂取できます。

1週間のお試しセットが500円で購入できます。

-健康効果, 青汁のこと

Copyright© 青汁の説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.