健康効果

血糖値が高い人はアルコールを摂ってはいけない?

投稿日:

血糖値が高いと気になるのはアルコールの摂取ですよね?

お酒飲むの大好きだけど、「飲んでいいの?」「どのくらいの量いいの?」なんて思っちゃいますよね?

 

と言う事でこの記事ではお酒が大好きだけど血糖値が気になる方へ「上手なお酒の飲み方」を書いていきますね。

結論から言いますが、重い糖尿病の方は禁酒となり、血糖値が高めで合併症を発症してない方は適量ならお酒を飲んでもいいという判断が一般的です。

ではどのくらいの量を飲んで良いんでしょうか?

血糖値が高めの人が飲んでいいお酒の量

血糖値が高い方のお酒の適量とは純アルコールで約20gです。 具体的には次のような用量ですね。

日本酒 1合
ビール 中ビン1本(500ml)
焼酎 0.6合
ウイスキー ダブル1杯
缶チューハイ 1.5缶(520ml)
ワイン 1/4本(180ml)

日頃お酒をたくさん飲む方にはちょっと物足りない量かもしれませんが、全く飲めない「禁酒宣告」をお医者さんからされるよりはマシだととらえ、これ以上飲みすぎないように注意したいところです。

アルコールの種類は?

アルコールの種類によっても血糖値の上がり方に違いがあります。そもそも血糖値って糖分によって上がるのですから糖分を含む日本酒、ビールはなるべく避けたいところです。ただ糖分を含むワインは血液をサラサラにしてくれると言われるポリフェノールを含んでいますから、赤ワインを選ぶのもいいでしょう。

私は血糖値を気にするようになってからは大好きな日本酒をやめて、焼酎とウイスキーをメインとして飲むようにしています。

 

アルコールの影響は?

ではアルコールの飲み過ぎによる影響を考えてみましょう。

アルコールで肥満になる

そもそもアルコールは高カロリーです。アルコールそのもの1mlに対しカロリーは7kcalありますから、お酒を大量に飲むだけで摂取カロリーが増えてしまいます。またアルコールには食欲増進させる効果がありますから単純に食べ過ぎになっちゃうんですよね。さらにおつまみには揚げ物などの高カロリーを好んで食べてしまいがち。負の連鎖ですよね。

さらにアルコールは肝臓での中性脂肪の合成を促進するので、お酒の飲み過ぎは肝臓に脂肪がたまり、脂肪肝になってしまうリスクが高まります。脂肪肝はインスリンの働きが低下しますので血糖値が上がりやすくなります。

 

アルコールが睡眠の質を下げる

寝る前にお酒を飲み。いい気分で床に就く方も多いだろう。酔ったまま寝るとぐっすり眠れていると勘違いしてしまいがちですが、実は夜中に起きてしまいなかなか寝れなくなるといった「中途覚醒」が起こりやすいと言われています。

睡眠不足だという方は、アルコールを飲まない日を作って睡眠優先の日を設けるものいいですよね。

 

アルコールが血圧を上げる

毎日大量のアルコールを摂取する人は、血圧が高くなり高血圧のリスクが高まることが多くの研究でわかっている。

ただ、お酒の量が適量だと一般的には、HDLコレステロール(善玉)が増えることが知られています。何事も適量ですね。

 

オススメのアルコールの飲み方

さて、アルコールが与える身体への影響や血糖値へ影響は少しだけわかってもらえたと思いますが、血糖値が気になる人にオススメのお酒の飲み方を紹介します。

まず、先ほど挙げた「お酒の適量」を守ることが前提なのですが、今まで毎日大量のお酒を飲んでいた方にはなかなか適量は厳しいですよね?そこでとりあえず半分にしてみてはどうでしょうか?1日置きに休肝日としてお酒を飲まない日を作るだけで飲む量は半分になります。最終的には適量になるように少しずつお酒の量を減らす努力をしていってください。

またおつまみをヘルシーのものに変えたいところです。低カロリーで栄養価の高いの枝豆や豆腐などの大豆製品や食物繊維を多く含んだ食品、発酵食品のチーズやキムチもイイですね。食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしてくれますからね。切干大根、きくらげ、ワカメなどなど・・・。

そして私が実践していて皆さんにオススメしたいのが「焼酎の青汁割り」です。青汁も食物繊維やその他の栄養素が豊富なのでお酒を飲むときにはもってこいの飲み物になります。特に血糖値を気にしている方にはこちらの青汁をオススメしたい。

へルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

 

この青汁はトクホの青汁でその効果は「血糖値の上昇を抑える」という青汁なので、青汁割りにはベストマッチだと思います。食物繊維量が他の青汁と比べてもダントツに多い商品ですから青汁割りにするにはコレ一択です。青汁って聞くと「えっ!?不味いんでしょう?」って思われると思いますのがこの青汁は「お茶のような味」なので普通にお茶割りのような感覚で飲めるんですよね。

血糖値が気になる人のちょっとした対策にオススメです。

 

焼酎の青汁割りの記事がありますので気になる方はご覧ください。

血糖値が気になる人のお酒の飲み方のまとめ

 

お酒は適量を守る(最初は少しずつ量を減らす)

食べ過ぎないように心がける

糖類の入っていないお酒を選ぶ

休肝日を作る

おつまみは低カロリーで食物繊維を含む食材を選ぶ

食物繊維がたくさん入った焼酎の青汁割りにしてみる

 

血糖値が気になる人にオススメのトクホの青汁はこちら

へルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

 

ヘルスマネージの口コミやレビューが気になる方はこちら

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>の口コミや私のレビューを書いた記事をご覧ください。

当サイト人気青汁ランキング

1位 ヘルスマネージ

バナー原稿imp

食物繊維が多いのが特徴のヘルスマネージ<難消化性デキストリン>

トクホの青汁で糖の吸収を緩やかにします。

初回は980円で購入できるのでお試しいたい方はぜひ!

2位 ふるさと青汁

幻の栄養成分「LPS」を摂取できる明日葉の根っこまで使った青汁です!

その他カルコンなどの健康成分が摂取できますので健康維持にオススメの青汁です。

3位 ユーグレナ

ユーグレナにしか含まれない健康成分パラミロンを摂取できるのが特徴です。

さらに健康維持に必要な栄養素が59種類も含まれていてバランスよく栄養摂取できます。

1週間のお試しセットが500円で購入できます。

-健康効果

Copyright© 青汁の説明書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.